うつ病と闘うブログ

重度うつ病との闘病ブログ

サラッとふりかけ

f:id:yotsukun:20180612181926j:plain

ふりかけ

今日の夕食はサラッとふりかですませました。
病み上がりなので簡単で手早済ませたかったのでふりかけ。
パッとごはんにかけるだけ、3分ごはん。
風邪ぶり返さないよう、今夜は暖かくして寝ます。
早く治して元気になります!

熱が下がった

平熱までに下がりました

昨日病院に行ったかいがあり、熱が下がり平熱まで戻りました。
相変わらず喉が痛いのですが食欲も出てきて、なんとかご飯が食べられました。
昼ごはんは、のどごしの良いレトルトのお粥と焼き鮭に決定、飲み物はスポーツドリンクで脱水予防。
昨日はとりあえずごはんを食べようとやっつけで腹に詰め込んだだけでしたが、本日はゆっくり味わいながら食べることができ、ホッとしました。

そして、病み上がりだからか、今日は気持ちにアップダウンが無く、珍しく落ち着いた気分で過ごしています。
なかなか快適な気分で、いつもなら昼間はどんよりした気持ちが多いので、こんな日は貴重かもしれません。
風邪が治るにつれなぜかうつの症状も軽減した感じがあります、不思議だけど寝起きから元気です。
なんか怖いぐらいのハイテンション、どうしたんだろう?
風邪薬がうつにも効果がある訳が無いと思いますが、他に薬などは飲んでいません。
このままうつが治まればと願っています。
しかし、こんな簡単にうつが治れば精神科なんて無くなっています。
当たり前ですよね。
だけど、なんでだろう、キツい病気の後だから元気が出てないから、うつも鳴りを潜めているのかな?病み上がりなのに。
病気をすると気持ちも角が取れて丸くなるのかな?嫌々年を取るとならば説明が付くけど、病み上がりでそうなる訳がない、逆に精神的にも弱っているからうつの波に飲み込まれていても不思議ではない。

今はあまり考えすぎない事が第一かな、これは一時的なもので寛解した訳ではないと肝に銘じておくのが正解だと思う。
今夜、そして明日とまだまだよだんを許せません、問題は山積みです。 
いきなりは無理なのは重々承知、問題はどれだけ軽くすることが出来るかにかかっている。
不安定ながらも安定を求めて行くしかないみたいだ。

うつ軽減?

このまま行くのなら先ずは主治医に相談しなければなりません、例えまた元に戻っても今日の出来事は報告しなければならいと思う、一時的にせようつが軽くなったのは事実なので、記録をして良く話しあって道筋をつけられたら良いな。 
とりあえず、次回の診察でどれだけ良く話をできるかだと思います、なかなか自分の気持ちを正確に伝えることが難しいので、時間がかかりますが主治医と相談してみます。
どんな意見が交わされるのかは分かりませんが、もしかすれば治療方針も変わるかもしれません。
課題はたくさんありますが、少しでも良い方向に話が進められればと思います。
そして、このうつの無い軽快な気持ちが長く続く事を願うばかりです。

風邪治まらず

風邪

みなさまおはようございます、きのうに引き続きいまだ風邪気味です。
熱も下がりだいぶ落ち着いてきたものの、まだ本調子ではありません。
今朝鏡を見たら目の下にクマが出来ていました、これには驚いた、かなりのダメージがあったみたいです。
昨日はかなり高い熱が出ました、始めは市販の風邪薬や解熱剤を飲んで効果を見ていましたが、熱は下がらず体の節々が痛く、喉も腫れ上がり、体が重くダルさが半端ではありませんでした。
このまま自宅で養生するのも限度があるので、病院へ行きました。
かなり待ちましたが仕方ありません、ここは辛抱強く待つしかありません、しんぼうです。

病院へ

始めは自力で車を運転しながら行こうと思っていましたが、余りにも具合が悪い上、精神的にもパニック発作が出ていたので、車を運転するには危険すぎると判断しました。
しかし、ここでも問題発生、雨降りの午後ということもあり、タクシーを呼ぶにも時間が掛かりました。
だけど、わがままは言っていられませんここも我慢してタクシー待ちました、待つこと数十分やっとタクシーが来ました、大袈裟ながら天孫降臨のようです。
これで病院へ行ける、助かったという心境です、だけど雨降りの事もあるのか普段よりも時間が掛かりました、本当に病院へ着けるのか?危うくパニックになりそうでしたが、寸前で病院到着。
なんとかセーフでした。 
受付を済ませ簡単な問診を受けて40℃近い熱が出て身動きが出来ないことを言いました。
もう病院に着いているので、何分待とうが関係ありません、高熱のため頭がフラフラしているので、あまり待たされたという感覚はありません、もう順番が来たというのが正直な感想です。
この病院は待ち時間が掛かりますが、丁寧な診察が受けられたので少しホッとしました。
診察の結果は、単なる風邪で扁桃腺が腫れているので、高熱が出ているとのことで、念のため血液検査と胸のレントゲンを撮りましたが肺炎にはなっていませんでした、検査の結果特に悪さをしている病原菌は見つかりませんでした。

治療

無事に診察を終えたあとは治療を受けるだけです、抗生剤と解熱剤の注射のあと、脱水症状と栄養補給も兼ねた点滴を受けました。
約一時間点滴を受けている間安心したこともあり眠ってしまい、看護師さんに起こされてやっと起き上がることができました。
治療を受けたものの体調は崩れたままで、帰宅した後は軽くシャワーを浴びて、食事はとらず病院で処方された薬を飲んで、倒れるように寝てしまいました。
途中何度か目が覚めたので、改めて眠剤を飲んでグッスリ眠れました。
しかし、病気は怖いですね、風邪は万病の元と言いますがまさにその通りだと実感しました。
しばらくは無理せず養生することにします。

ヒートアップ

体温上昇

寒気がして体はしんどかったけど、昼兼夕の食事を作り上げました。
作っているうちにどんどん具合が悪くなるのが分かるほど深刻だったけど、気合を入れて作りました、途中何度も止めようと思ったけど、中途半端は嫌いなので意地でも作ってやると決めていました。
しかし、風邪も容赦はしません、朝風邪薬と解熱剤を飲んでアイスノンと熱冷却シートを使って様子を見ていたら、応急的には落ち着いたようにも見えた。
ベッドで転がっている分には良かったけど、起き出して料理なんか作っていたのが良くなかったみたいで、急激に症状が悪くなりました、体温測ったら39.6℃まで上がっていたので驚いた。

f:id:yotsukun:20180611141703j:plain

いったいどうなっているの?このままじゃ40℃越えしそうな勢い。
これはヤバイと思い、一度アイスノンと冷却シートを換えてからまた風邪薬を飲みなおし、今度は両方の脇の下にもアイスノンをはさんでみた。
これがまた冷たくて馴染むまで不快に思えたけど、効果はあるはずと信じ我慢しました。
だけど、こんなに熱が出るのは何年ぶりだろう?ここ数年は熱は出ていなかったと思う。
なので発熱対策がおろそかになっていた感は否めない。
非常時に対しての危機意識が薄らいでいたのかな、今更になってから、かなりの恐怖感が出てきたと言うよりかは、パニック発作が出てしまった。

パニック発作

パニックの発作はどんな状況でも出るものなんですね、まさか風邪引いて高熱にやられていても出るとは思わなかった。こんな状況なので過呼吸は仕方ないにしても、このまま熱が下がらなかったらどうしようとか、悪寒は実は重大な病のあらわれなんじゃないかと要らない心配ばかりが湧き出してくる。
いったいどうすればこんなにもネガティブな思考が出てくるのかと、逆に感心してしまう。
そして、気が遠くなるようなふわふわした変な感覚、熱の仕業だと思うけどなんか今までには無かったかな。
高熱とパニックが重なるとこんな症状になるんだな、とにかく記録は続けます。
リスペリドンを飲もうか考えていますが高熱が出ているので、ちょっと心配だけど不安感が強いのでリスペリドン3㍉を1包だけ飲みます。
不安感もいつもより違う、本当に死んでしまうと言う具体的な感覚とでもいうのかな。
このまま放っておいたらマジでヤバいことに発展しそうな気持ちです。
考えるともうともう止まらない、ぶっ飛んでいる感じ、マズイよな。
どうすればいいのかな?答えはない。

発熱39.4℃

熱が出た

みなさまおはようございます、今朝は寒気で目が覚めました。
梅雨時の低温なのかくらいだと思い、布団を一枚多く掛けましたが寒気は収まりません。
なんだろう?思い当たるふしもなく、パジャマの上に一枚羽織ましたが効果なし!
何気なく体温を測ってみたら、なんと39℃以上もある!滅多に熱などでないのになんだこれ。知恵熱でも出たのか?否、熱が出るような程頭を使っていません。原因不明。

f:id:yotsukun:20180611090644j:plain

知らぬが仏という言葉があるけど、そのまんまだと思う、熱を測ったら一気に具合が悪くなった。
測らなければ良かった・・・病は気からというけれど一気に風邪の諸症状が出てきた、鏡で喉を見たら真っ赤に腫れ上がっているし、咳も出てきた。
とりあえず風邪薬と解熱剤を飲んでみたけれど、すぐに効果は現れる訳でもなく、おでこに熱冷ましのシートを貼り付けました。これで立派な風邪っ引きの出来上がりです。
しかし、喉がすごく痛い飲み物を飲むたびに激痛が走る、それでもタバコは吸えるんです、ゲホゲホ咳き込みながらも平気で吸っています。
ただのわがままなのか?そんな気持ちもあるけど、確かに具合は悪い。
頭がクラクラする、寝込むレベルには違いない、けどネコの世話もしなければなりません、まだ朝ごはんあげてないから機嫌が悪い。
やることが色々あるけど今日はお休みして、体調整えておかないとマジでやばそう。
枕に硬くならないアイスノンをひいてみたらこれが結構気持ち良い、本日はゆっくり養生しておきます。

うつと関係はあるのか?


いつも具合が悪くなると思うのが、うつと関連があるんじゃないかと考えてしまう。
主治医はメンタルと無関係とは言えないけれど、直接の関係は無いと言います、考えすぎは良くないので程々にしておこう。
でも、うつの症状が酷い時には肉体的にも何らかの軽い病気が出ているような感じがします。

さて、なんだかんだ言ってもまだブログが書けるうちは平気だな、昼ごはんは温かく体に負担がかからないものを作ろうと思います。
冷蔵庫には卵があるので、卵と野菜とニンニクを入れたスープを作ろう。
風邪によるダメージが酷くなった事を想定して、やや多めに作っておきます。
これでおっさんの、病気療養中のまかないは決定しました、幸いお腹の具合は良いのがせめてもの幸いかな。
私は、風邪を引くとお腹にも響いて、腹の具合も悪くなりがちなんです、今回はそれもないので辛いながらも楽勝かな。
薬を飲んでグッスリ寝てしまえば治ると思います。
そう、なんとかなる、楽勝だ。 
雨も降り最悪だけど、新しい一週間の始まりです、みなさま良い一週間を!

罪悪感とうつの波

罪悪感

さっきキッチンの片付けをしている時から食材を駄目にしてしまった罪悪感に包まれた。
無意識のうちにやっちまった事を悔いても仕方ない、向精神薬の影響下にあるとは言え、節度をもって行動しなければなと思う。
主治医からは時に記憶が無いうちに、無意識で行動をとる事があると伝えられていたけど、実際に自分が体験するとは思ってもいなかったし、そんなことある訳ないだろうと思っていたから、なおさら驚いた。
本当目覚めてビックリです!なんだよこれ!って言う感じです。
日常生活に刺激が欲しいと思っていましたが、こんな刺激は要りません。
我が家のネコもビビッて今日は大人しくしています。
しかし、薬は恐ろしい毒にもなるとはこの事なのかもしれない。
掃除が終わってからずっと自分を責めっぱなし、エンドレスな自己嫌悪に終わりが見えない。
このまま出口の見えないトンネルに留まるのかな、それだけは避けたい。

うつの荒波

だけど、うつの荒波は容赦なく襲って来ます、どうも私の中では罪悪感とうつの症状がダブルとなっているようです。
それがまた一段と病気を酷くしている問題点でもあります。
うつが酷くなると一日ずっと寝っぱなし、食事ものどを通りません、食べても美味しさが伝わってきません。
結果体重も落ちます、それもダイエットではなく病的に落ちます、すると体調も崩します。
うつの悪循環とでも言うのかな、気力も落ちて自信も失ってしまいます。
なんでこうなるのだろう、きっかけはあるもののそこまで自分を責めなくてもと分かっているのに、この思いは募ります。
頭の中は罪という言葉で埋め尽くされ真っ暗になったまま、希望の明かりは見当たりません。
昨日までの元気は微塵もなく、元気に活動する意欲は消えています。
掃除していて大汗をかいていたのに、シャワーを浴びる気にもならず不快になったままでも平気でいられます、元気な頃なら考えられません。
身の回りの事が出来ない、これもうつ状態の症状です、この状態は最近特に酷くなっていてこれから蒸し暑い夏を迎えるにあたって、警戒しなければならない項目の一つです。
早めに主治医と相談して解決策をとらないと、身の回りの事が出来なくて不衛生になり、汚らしい姿を見られたくないので、引きこもりが出る可能性が高まります。
自分でもよく分かっているので、なるべく積極的にお風呂屋さんに行ったり、こまめにシャワーを浴びたりするものの困難なのには変わりません。
次回の診察で一番に相談する項目です、早く軽快することを願います。

後片付け

あとかたづけ  

昨夜の現場の後片付けをしています、天気も悪く気持ちは落ち込みうつ状態が悪化しています。
そんな中での復旧作業、中々思うように進展しません。
後になってから気づいたんですが、冷蔵庫の冷凍庫も扉が閉まっていなくて、中の冷凍食品、氷やアイス等そのことごとくが使い物にならなくて、止む無く廃棄処分に。
そんなエピソードだけで、うつの症状が悪くなるのに一番苦手な掃除までが重なりました。
ネコの手も借りたいとはこの事かな。でも、冷蔵庫一つの中身はかなりの量で。
ゴミ袋一枚以上になりました、特に天気が悪くなると聞いていたので、仕入れた食材全てがダメになり、ダメージが拡大しました。
さらには溶け出した氷や食材が流れ出して、床一面が水浸しになっていて、どこから手を付けていいのやらしばし放心状態に。
レキソタン飲んで一服して改めて作業に取り掛かりました。
この一連の確認実行の行動だけで約1時間、貴重な日曜日が水の泡です。
幸いにも何も予定がなかったのが不幸中の幸いで、これが精神科の診察日と重なっていたらと思うと寒気がします。
気を取り直して作業を進めて行きますが、どれを保存しておくか、廃棄するかの判断が簡単にいかず、優柔不断の悪い癖が出てなお更作業が進まなくなっている。
この優柔不断さは半端ではない、一度捨ててもまだ使えるんじゃないかと思えて、また確かめたりしているので、ちっとも先へ進まない。
このままじゃ夜になってしまいそう、でも代わりにやる者はいないので辛抱しながら泣く泣く作業。
びしょ濡れの床を何度も拭き上げるだけでも一苦労、涼しい今日でも汗がにじみ出ます。
結構な運動量になってるみたいで、途中Tシャツを着替えるほどの汗の量、こんな時はとことん汗を流します。


段々テンションも上がって来たので、この勢いにのって一気にやってしまおうという気分になったので、手を休めることなくやることができました。
しかし、出たゴミの量もかなりのもの、冷凍庫は全滅の被害、中には生暖かくなってしまった物もあった。
一度冷凍庫の水分を吸い上げてドライにしてから、今度はキッチリ扉を閉めました。
しかし、空っぽの冷凍庫ほど悲しいものはありません。
なんとも言えない喪失感です、大袈裟ですが心にドンと響きます
また冷蔵庫の方も、被害は甚大で8割は廃棄処分となりました。
こちらはほとんどが人肌になっていたけど、廃棄かどうするか迷いが出始めましたが、ここは心を鬼にして迷ったら廃棄として捨てました。 
一度庫内を空にしてきれいに丁寧に拭き掃除してから、使えるやつだけを戻しました。こちらは8割が使い物にならなくなっていました。
これで、なんとか冷蔵庫は復旧しましたが、もったいないという罪悪感が残りました。

大掃除を終えて

なんとか冷蔵庫をやっつけた後はシンク周りの手入れをしました。
こちらも、長時間水が出っぱなしになっていたので、辺り一面水浸し。
嫌気が出ましたがグッと我慢して丁寧に掃除と手入れをしました。
まるで年末の大掃除みたいです。
終わったら気力が抜けてズンと疲労感が出てきました、冷蔵庫一台掃除するのも大仕事です、次回からは気をつけます、うつの症状が酷くなり始めた感じがする。
反省!